電気の手続き

電力会社の引越しの手続き

引越しの手続きにあたって大切になるのが光熱費の精算手続きです。
電力会社には現在の住所での電気の使用を停止する手続きと、新住居での電気使用を開始する手続きをすることになります。
電力会社の管轄が同じならば、両方の手続きを簡単にする事ができますが、別の管轄に引越すときにはそれぞれの電力会社のやり方に沿うようにします。

電気の使用停止については、インターネット経由で手続き可能です。
しかし、急いで引越しをするときには、直接サービスセンターに連絡を入れる形になりますから、すばやく手続きを完了しましょう。
電気の使用を止める手続きには、場合により引越し時に立ち会う必要もあります。
その場合は、手続きの際に電力会社から断りがあるはずなので、何時に来てもらうかなどを確認しておきましょう。

引越しをする日に日割りの形で料金の精算を済ませますので、必要な金額を用意しましょう。
引越しの繁忙日では、作業が予定していたようには終了しないケースも少なくありません。
当日の精算などは絶対に済ませなくてはいけないので、知り合いに手伝いをお願いできるとありがたいでしょう。

電気と違うものでは、新居においても立会いの欠かせない手続きが行われることもあり得るからです。
立会いを行わないときには、アンペアブレーカーを完全に消して引越しましょう。
引越し先が明らかになっている人でしたら、web上で使用を始める手続きを終えることができます。

こういったケースでも、急いで手続きをすることは不可能なので、引越しをする2ヶ月から3日前までには処理を終わらせておきましょう。
なお、お客様番号が手続きには欠かせないので、毎月の請求書などを保管しておくようにしましょう。