水道の手続き

水道料金の精算との手続き

水道の使用を止める手続きは引越し本番の1週間前までに頼んでおきましょう。
水道は引越し日の2日前までだったらかろうじて手続きを受け入れてくれるそうです。
どのような手続きにも当てはまりますが、ギリギリで申し込まない方が不備を起こした場合にも慌てないで対応することが可能です。

手続きは迅速に終えられるように行動することが大切です。
引越し手続きはインターネットや電話で申し込みが可能です。
手続きにはお客様番号が必要ですので、明細書に書いてある番号を控えておきましょう。
引越しを行う日まで使った水道料金については、係員による水道メーターのチェックが行われて日割り計算が実行されます。

現金で精算する場合は、担当の人に自宅まで来てもらい徴収してもらうので先に予約の手続きをしましょう。
その他にも、日割りで出した金額を口座から引き落とす方法もありますし、引越した先に請求書を送付してもらう手段があります。
引越しを終えたら、水道を利用するために使用開始の手続きを忘れずにしましょう。
引越しが完了したら、水道のハンドルを回してみましょう。
万が一、水が止まっているのなら水道メーターを見つけて、メーターの前に設置されている水止栓 を開いてください。

多くのケースでは引越し先の建物に、使用をスタートする申し込みハガキが備わっていますから、それを投函することで使用開始手続きは済んだことになります。
このハガキは、賃貸物件なら別の光熱費などの用紙と同様にポストに入っているので確認しましょう。

確認してもない場合は水道局に連絡を入れて手続きができるようにしましょう。
ガスだけでなく、電気や水道の引越し手続きは、まとめて行った方が手続きの漏れを避けられますので、全部一緒に行いましょう。