転入・各種手続き

転入届などの公的機関の各種手続き

引越し前には、公的機関でしておくべき手続きが多くあるので忙しくなります。
区役所で手続きできるのは、住民登録・国民健康保険・国民年金・乳幼児医療・老人医療などです。
これらについては、新しい住所で同様の制度を使うために不可欠な手続きと言えますので必ず行いましょう。

それぞれの制度を使うために入用だった健康保険証などの必要書類と併せて、転出届を出すと転出証明書がもらえます。
引越しをしてから14日以内にこの証明書を携帯して引越し先の管轄役所を訪問し、転入手続きを申し込みしましょう。
児童手当についての手続きも必要になります。
児童手当受給事項消滅届けを受理してもらうためには、印鑑が必要なので忘れずに役所に持っていき手続きをしましょう。

この時点で所得証明書を受け取りますが、転入する時に役所で児童手当の手続きに着手するときに必要になりますので大切に保管します。
老齢福祉年金の手続きも児童手当と同じ手順で手続きしましょう。
印鑑登録は、転出届を出すと抹消されてしまうので、転出手続きは求められませんが、転出証明書を手に入れておかなければなりません。

原動機付き自転車を持っている場合は、引越し先で要ることになる廃車証明書を手に入れましょう。
学校に通う家族がいる人は、引越しの確定後、転校届けの提出も必要になります。
学校側から転校確認書を与えられたら、住所のある役所を訪問し転出学通知書を手に入れましょう。

次にそれを持って現在の学校に行き、在学証明書と教科書受給証明書を発行してもらいます。 これらに挙げた証書類は転入する際になくてはならないものなので、大変重要です。
こういうふうに、転出・転入で同一の書類が必須になるので、引越しのときの騒動で紛失しないようにしましょう。
車・自動二輪・運転免許証はどうかと思うでしょうが、転出の際に手続きすることはありません。