車関連の手続き

車関連の手続き

引越し手続きは、転居前と後に済ませなくてはいけないものと、引越し先で届けをするだけで良いものが挙げられます。
運転免許証はというと、引越しを済ませる前に手続きをすることは要求されないのです。
引越し先の管轄に設定されている警察署もしくは免許センターに赴いて住所変更に関する手続きを済ませます。

手続きをする際には、運転免許証と新しい住所が記載されている公的書類と申請書が必須です。
公的書類と言うのは健康保険証や住民票などですが、新たな住所が記入されていたいと証明の用を足さないので、事前に手続きを行っておきましょう。
ちなみに、申請書は警察署と運転免許センターにおいてありますから、そのときに書けばよいでしょう。

引越し先が他の都道府県である場合は、申請用の写真を準備しましょう。
自動車に関しても引越したらそこで登録手続きを行わなければなりません。
自動車の登録変更手続きのケースでは、引越し後15日の間に済ませないといけないので、忘れないようにしましょう。
自動車も、新しい住所の管轄に設定されている陸運局もしくは自動車検査登録事務所で受け付けてくれます。

別の管轄のエリアに引越しを行ったなら、同県内でも手続きをしないといけませんので、細心の注意を払いましょう。
これは、自動車の所有者の他に委任状によって指名された代理人なら手続きが行えます。
車検証や車庫証明・印鑑・自動車税申告書・自動車取得税申告書のほか新しい住所の住民票を揃えなくてはいけません。

ここでも、新住所の住民票がないといけません。
住民票は、新しい住所を証明できる書類としてさまざまな手続きに添付しなければなりません。
引越してきたら、第一に転入手続きに着手しましょう。