金融機関の手続き

小規模の金融機関の手続きは面倒

銀行などで使うキャッシュカードは日本中どこに行っても使用可能なので、引越し手続きの必要はないと思い込んでいる人も数多くいるでしょう。
しかしながら小規模な地方銀行のカードなどは、引越し先によっては使いづらいことになる可能性があります。

引越し先に支店が設置されておらず、使用する度に多くの手数料がかさんでしまう結果になります。
それから、一緒の銀行でも支店間の取引にも手数料が発生する場合も考えられます。
引越しすることになったら、メインバンクの支店が近くにあるのか、手数料はどのように扱われるのか押さえておきましょう。
内容によっては、支店の変更手続きや解約などが必要になるかもしれません。

クレジットカードでも引越ししたという手続きが大切です。
引越しの手続きをしていなくても、使えない状態にはなりません。
目を向ける必要があるのは、カードを使った明細が転居した住所で受け取れる状態にしておくことなのです。
利用明細書をちゃんと確認しないと、カードの不正使用を見逃してしまうということもあります。

また、住所変更をしていないとカードの紛失届けなどを出す際に順調に処理を行うことができなかったりもします。
引越ししたあとに面倒なことが起こらないように、前もってきちんと手続きしておきたいものです。

月ごとに届く明細に変更届が付いてくる場合もありますし、インターネットでも登録可能です。
金融機関の引越し手続きに関しては、先送りしてしまうケースが多いようです。
カードを複数持っている人は煩わしさを感じるかもしれませんが、ひといきに終わらせてしまいましょう。