ペットの手続き

ペットも大事な家族の一員です。

引越しの準備をしようと腰をあげると、片付けなくてはいけない手続きが色々とあって何から手を付ければいいのか混乱してしまいます。
たいていは引越し日までにすべきことをリストアップして、手続きに漏れが無いように対策を講じています。

そこまでしても、引越しが済んでから忘れていたことが発覚するケースが多いと言われています。 とりわけ抜けてしまうことが多いのは、ペットの登録変更をする手続きです。
ペットを連れての引越しとなる場合、引越し先の住所の役所や保健所などの動物の管理に対応している部署での登録が欠かせません。
ペットを飼うに際して届けをした要素に変更を加える手続きは、新たな住所で済ませれば良い仕組みになっています。

引越しを始める前の役所などでもらった鑑札と、狂犬予防注射証を用意して転入してきた住所の役所に提出します。
登録の際に印鑑を求められますので、覚えておきましょう。
登録が完了すると、新たな鑑札を発行してもらえます。
引越しをする場合のペットの登録手続きは、引越しが終了した後30日以内に片付けるようにルールが決まっています。

引越しに際して手続きが要求されるペットは普通は犬ですが、それ以外にも届け出が必要になる動物がいます。
猫や鳥の場合は届け出が求められないため、手続きはしなくても大丈夫です。
動物愛護管理法という法律で定められている特定動物とは、人の命や身体、そして財産を害する危険性があると思われる動物です。
有名どころで言えば、サルや蛇、ワニガメなどが該当します。
引越しが完了してからトラブルが起こらないように、引越し時に要することをリストアップしてきっちり済ましていきましょう。
新しい住まいの近くの動物愛護センターなどを探しておくと便利です。