パスポートの手続き

パスポートの手続きもお忘れなく

引越し時には、様々な手続きが必須になります。
電気・ガスなどの光熱費関係の他、公的機関の手続き、各種契約・金融関係などの変更届、そして郵便物の転送届けなど、すべきことが多くて困ってしまいます。
しかし、身分証明書としても役立つパスポートに関しては、引越しをしても手続きが必要ないのです。

パスポートにおいての住所の役目は、紛失した際に持ち主に返却される確率を高めることだとされています。
身分証明書として役立てられる頻度の高いパスポートは、不正使用される事例が多いことから住所欄を空欄のままにしておく人も多いのです。 空白になっている状態でも、パスポートは普通に通用しますし、罰則を受けることはないのです。 パスポートで記載事項の変更手続きが必要になるのは、本籍を移したときと姓が変わったときだけです。 引越しを機に住所変更があった場合、自分で住所記入欄を改めるのが普通です。
訂正の仕方も特に決まってはいないので、線を引いても市販の修正液で消しても大丈夫です。
このような形で、パスポートに設けられている所持人記入欄は本人が書き込む項目のため、本人の証明にはなっても住所証明としては役に立ちません。

引越しによる手続きは不要ですが、結婚が理由の引越しで姓の変更がある場合は、名字変更の手続きをしましょう。
さらに、引越しした場所を本籍地にする場合も忘れずに手続きを終えましょう。
届け出に関しては、新しい住所の管轄に設定されている都道府県旅券課で対応してもらえます。
本人が行けない場合は代理人に頼んでの手続きが許容されていますので、忘れないうちに済ませましょう。